EDUCATION 人材育成の仕組みと環境
はじまりは、一人の青年の趣味でした。

ベクトルは、人材教育への投資を惜しみません。独自の社員育成プログラムがあります。

研修 講師は、社長の村川です。

周囲に良い影響を与える人財になってほしい。そんな思いから、社長の村川が講師となり月1回のペースで1年間、新入社員に向けて研修を行います。企業理念の勉強から経済問題・マナー・コーチングまで、様々なテーマで講義します。内容は濃密。ビジネス書を読み、その感想をシェアする「勉強発表会」や、一人ひとりの夢を発表する「3分間スピーチ」など、参加型のプログラムを用意しています。「学び」がビジネスを大きくしていくということを、実感する場となるはずです。

ベクトル大学主催フォーラムへの参加 大学、つくりました。

各分野で一流の実績をもつ全国レベルの講師をお招きして、一般のお客様にも公開している「ベクトル大学」。テーマや講師によっては、スタッフたちもお店を臨時休業して講演に駆けつけています。講演を聞いて、仕事に活かすことはもちろんのこと、人間関係が成長のための気付きになったなどスタッフにも良い影響を与えているイベントとなります。

環境整備点検 職場で実践! 「リサイクル革命」

職場環境を整える取り組みとして、各店舗、事務所で毎月1回実施。まず、職場にある設備や備品などを洗い出し、「いるもの」と「いらないもの」に仕分けします。「いるもの」は置き場を決めて数字と色で管理。「いらないもの」は売ります。私たちは、ものを簡単に捨てたりはしません。不要になったものを、それを必要とする誰かのもとに届けるのが、ベクトルのやり方なのです。また、半期ごとに環境整備の計画書も作成します。その計画書にもとづきPDCAサイクル(P=プラン・D=行動・C=チェック・A=アクション)を回して行きます。この一連の活動を通して、リサイクルとPDCAサイクルの実践を習慣づけます。

ベクトルバスウォッチング バスツアー、行ってきます!
遊びじゃなく、勉強のために。

2ヶ月に1度、各部署や各店舗を観光バスに乗って巡るバスウォッチング。他店の長所を、自分の店舗に取り入れてほしい。参加スタッフたちは毎回、いい刺激を受けています。ガイド役を務めるのは社長や役員。ベクトルの生い立ちや発展を聞きながら移動する道中も、貴重な勉強時間になっています。

新入社員研修プログラム 入社後は2週間、がっつり。
会社をまるごと、知ってほしいから。

新卒の新入社員を対象とした2週間の研修プログラム。企業理念の勉強や社会人マナーの研修はもちろんのこと、様々な研修を用意。配属予定の部署のことだけではなく、会社全体を理解してもらいます。店舗、本社、物流倉庫など、たくさんの部署から担当者を派遣。他部署との連携がなくては良い仕事はできません。会社全体を知る貴重な研修となっています。

ベクトル実践塾 来年のトレンド、
ちゃんとチェックしていますか?

実はリユースも、トレンドの影響を強く受けるんです。10年前、20年前の流行色が、再び売れ筋になることも珍しくありません。ベクトル実践塾は、刻々と変わるファッションのトレンドを、リアルタイムに学ぶことを目的にした研修です。近隣店舗スタッフで集まり、商品知識や最新トレンドなどをレクチャー。日々の買取査定や中古販売などの業務に活かします。知識が豊富なマネージャークラスが講師を務め、様々なジャンルの商品を勉強します。