#02
愛されたい。
商店街を盛り上げたい。
直営第一エリア 表町店
八坂 ゆかり
2013年中途入社
セーラームーン役もやりました。

大学時代、キャラクターショーのアルバイトに打ち込んでいたんです。商店街の一角で、家族連れのお客さまの前に立ち、いろいろなキャラクターに扮して30分のショーを演じていました。すごく楽しくて、このときの経験が、人を集めて地域を盛り上げるような仕事ができたらと思うようになった、ひとつのきっかけです。その後、紆余曲折があり、人材会社の紹介でベクトル大学に興味をもち、入社。半年ほど運営事務局に携わりました。

「この店がおまえの
ステージだと思え」

別の店で1〜2ヶ月ほど店舗研修をした後、表町店のオープンを任されました。キャラクターショーに出演していたことを話していたので、当時の上司からは、「この店がおまえのステージだと思え」って発破をかけられました(笑)。人が集まるような素敵な場所にしろというメッセージと受け取りました。新店舗のオープンに向けて、商品の運び込みや備品の買い出しなどに奔走しました。ただ、オープンしたものの、なかなか思うように集客できず、店舗運営の難しさを思い知りました。

出品数で優勝!
その賞金で焼肉へ。

オープンしてから徐々にお客さまが増えていきました。あるとき、出品数を競う社内キャンペーンがあったのですが、これには本気でチャレンジしました。スタッフみんなで「出品数で1位をとろう」と盛り上がり、張り切りました。スタッフ同士で助け合いながら、コツコツ出品しつづけた結果、最終的に1位を獲得。その賞金で焼肉を食べに行きました。ただ、私はそのとき運悪く胃の調子が悪かったので、食べるのがしんどかったなという、思い出ができました(笑)

思い立ったら、
すぐ実現できる会社。

店舗運営は自由です。これをやったらきっとお店に人が来てくれると思ったら、行動に移します。リユースに関するセミナーを開催して、買取価格を上げるコツについて話したこともあります。どんなお店を目指すかは店長やスタッフの裁量に委ねられているんです。私はカフェや美容師のように、日常の中の「行きたくなる場所」にしていきたい。「愛される場所」にしていきたい。そして、店舗を盛り上げることで、この商店街も盛り上げることができたら、こんなうれしいことはありません。